理のミスディレクション

感応する物事への探究
不可能を可能にした時人はそれを奇蹟という
想像力が真実を解き明かす!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# ファンタジーS出走馬血統格付評価。
今回はファンタジーSに出走する注目馬を何頭かピックアップして格付評価
したいと思います。

【アルーリングボイス】評価 

アルーリングボイスはすでに小倉2歳Sを制しており期待の一頭でしょう。
父のフレンチデピュティがノーザンダンサー系のためクロスを持ち合わせていない
この馬は基本評価Cです。
ただ父系に希少なゴドルフィン・アラビアンとバイアリータークの血を1本ずつ
引いていますので評価アップでBとします。

【グランプリシリウス】評価 S+

グランプリシリウスは今売りだし中の種牡馬、アグネスタキオン産駒です。
四代血統表の中にノーザンダンサーの血を内包していないため基本評価Aです。
更に父系にゴドルフィン・アラビアンの血を1本引き、ボトムラインが在来血統
で構成されています。 また母系にニジンスキーの血を内包しているのもポイント
です。 よってランクアップの評価S+となります。

【クリノスペシャル】評価 

クリノスペシャルはシーザリオでお馴染みスペシャルウィーク産駒です。
四代血統表の中の父系にノーザンダンサーを内包しているため基本評価はCです。
しかし父系にニジンスキーを内包しボトムラインを在来血統で構成しています。
さらに母系のボトムラインも在来血統で構成しているという貴重な血統構成でも
あり基本はCでも見事ランクアップの評価Aとなります。

【コスモミール】評価 S+

コスモミールはダートで活躍馬を輩出しているヘクタープロテクター産駒です。
四代血統表の中にノーザンダンサーの血を内包せず基本評価Aです。
父系に目だった血統は無く、母系にゴドルフィン・アラビアンの血を1本引き
ニジンスキーの血を内包しボトムラインが在来血統で構成されています。
よってランクアップにより評価S+となります。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(11) | 18:26 | category: 真血統理論格付評価 |
# 新馬血統格付評価vol.5
こんにちは、朧です。
函館2歳Sでは推奨していたチアズガディスが歩いてしまいました。
注目の05番は新潟日報賞の方に出たようですね。
相手の2着もダービーと同じく4枠が務め、まさにディープインパクトの
日本ダービーでした。
どのメインで出現するかという詰めがこれから必要とされるでしょう。
努力していきたいです。

では最近休みがちだった新馬の血統評価を再開していきます。
これは自分のためにもしている事なので続けたいと思います。
来年のクラシックに必ず役立つことを信じて!

新潟編

《モンテティアラ》評価 C+

フォーティナイナー産駒のモンテティアラ
母系にノーザンダンサーの血を内包しているため基本評価はC。
父系には目立った血統もなく、母系のボトムラインが在来血統で構成されて
います。特徴はそれぐらいで評価はC+となります。
血統的に大きな活躍は望めませんが無事に競争生活を送ってもらいたいものです。

《ケイアイフォーユー》評価 S

ボストンハーバー産駒のケイアイフォーユーはノーザンダンサー4×4のクロスを内包していますので基本評価はA。
父系に特徴はありませんが母系にLady Berryというバイアリータークの血を引いていますし、ニジンスキーも内包しています。
よって評価はランクアップのS評価となります。
A級以上の馬は競走能力が伴えば将来は約束されたも同然です。
期待しましょう。

《セイウンハンクス》評価 A+

セイウンハンクスはForest Camp産駒の
外国産馬です。基本評価はノーザンダンサー4×4のクロスを内包しているのでA級馬です。
父系にBunty's Flightというゴドルフィン・アラビアンの血を引いています。
他は希少な血もなく評価としてA+となるでしょう。
セイウン馬名も久しく活躍していないのでこの馬に活躍の可能性を
感じます。

《ケイコアデージョ》評価 B+

ケイコアデージョは今や種牡馬として
絶好調のスペシャルウィーク産駒です。
母系にノーザンダンサーの血を内包しているため基本評価はCです。
母系の方に目立つ血筋は無く、父系のボトムラインが在来血統で構成され
ニジンスキーの血を内包している事に
よりランクアップのB+といっところてしょう。
血統としていまいち娘ですがかなりの活躍は期待できそうです。

ついに登場!究極の馬券投資術

「オペレーションW」情報提供開始!


あなたの競馬の収支、どうなってますか?



只今ランキング参加しています!
↓↓↓
人気blogランキング←クリック感謝します。

バナー (キャンペーン入)





| comments(1) | trackbacks(2) | 20:19 | category: 真血統理論格付評価 |
# 新馬血統格付評価vol.4
今週は都合で更新が遅れましたがまずは2歳馬達の評価から。

福島編

《コイウタ》

フジキセキ産駒 評価 S+

最近カネヒキリといいフジキセキ産駒たちがその力を発揮し出してきていますね。
コイウタはノーザンダンサーの血を内包
していません。この時点で基本評価はAです。
父系のIn Realityが三大始祖ゴドルフィン・アラ
ビアンの血を母系のLorenzaccio、ヒッティングアウェー
がバイアリータークの血を引いています。
よって、ランクアップでS+という評価です。
ブジキセキがポストSSになるためにもこの仔たちにかかっているわけですね。

《コスモミール》

ヘクタープロテクター産駒 S+

コスモミールもノーザンダンサーの血を
内包しないので基本評価はAで母系にIn Reality
ニジンスキーの血を内包しボトムラインが
在来血統の並びです。
よってこの馬もランクアップでS+という評価になります。
ただ種牡馬から大物が出るかは今後次第ですね。


阪神編

《マルカアイチャン》

フレンチデピュティ産駒 評価 S+

マルカアイチャンは勝ち鞍が目立っている
フレンチデピュティ産駒でノーザンダンサーの血を内包せず基本評価Aです。
そして父系のBunty's Flightがゴドルフィン・
アラビアンの血をForthunate Isleがバイアリータークの血を引いています。また母系のボトムラインが在来血統により評価は
S+となるわけです。
この馬も今後が楽しみな一頭です。

ダイアモンドヘッド》

サンデーサイレンス産駒 評価 C+


SS産駒のラストクロップであるダイアモンドヘッドは母系にノーザンダンサーの血を内包しているため基本評価はC。
ただ目だった血もなく単なるSS産駒ということでC+という評価です。
ちょっとこの馬は厳しいかもしれませんね。
GII、GIIIどまりがいいところでしょうか、頑張ってもらいたいです。

函館編

《アイアムエンジェル》

ボストンハーバー産駒 評価 

アイアムエンジェルはノーザンダンサー
4×4を内包しています。
特に希少な血は引いていませんがそれでもA級血統、十分GIを狙える器です。
覚えておいて損はないですね。

《フミノサチヒメ》

タイキシャトル産駒 評価 超S

フミノサチヒメは四代血統表の中にノーザンダンサーの血を内包せず基本評価はAです。
父系にニジンスキーを内包しContrailがゴドルフィン・アラビアンの血を引いています。そして母系のボトムラインが在来血統でありタイキシャトル産駒というところ
からもランクアップの超S級血統です。
タイキシャトル産駒の大物と成り得るでしょうか、楽しみです。

《タキオンバッハ》

アグネスタキオン産駒 評価 超S

タキオンバッハも期待の種牡馬の産駒
ということでしょうか。ノーザンダンサーの血を内包せず基本評価はAです。
父系のCozo'Nijinskyがゴドルフィン・アラビアン
の血を引き、ボトムラインが在来血統そして母系のLorenzaccioがバイアリータークの血を引き更にニジンスキーを内包するという満遍なくあらゆる血を
引いていて良血です。よって評価は超Sです。
アグネスタキオン自身も素晴らしかったですけどその仔ども達も凄いのか
注目の一頭です。

《アドマイヤムーン》

エンドスウィープ産駒 評価 C+

アドマイヤムーンは父系にノーザンダンサーを内包しているため基本評価はCです。
母系のMortefontaineがゴドルフィン・アラビアン
の血を引いていますが他には希少な血は引いておらず評価としてはC+といった
ところでしょうか。

POGでは飽き足らない、競馬ファン必見!


人気blogランキング←いつもありがとう。

現金主義無料サイコロ振って現金!

メルマガで広がるネットワーク♪

ハロPCケース234x60

洗剤革命

バナー (キャンペーン入)

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:29 | category: 真血統理論格付評価 |
# 新馬血統格付評価vol.3
今週も新馬の血統格付をしていきましょう。
クラシック戦線に向けて今のうちから調べておけば今後に役立つことでしょう。

福島 新馬

《ミヤギノサクラ》 評価 S+

サクラバクシンオー産駒のミヤギノサクラはノーザンダンサー4×4を
内包していますので基本評価はAです。
父系のスターハイネスがゴドルフィンをAmbiopoiseがバイアリータークの血を引いています。
そして母系のボトムラインが在来血統で固められています。
よってランクアップのS+という評価でしょうか。

《フラムドパシオン》 評価 B+

新馬勝ちが目立っているクロフネ産駒のフラムドパシオンは4代血統表の母系にノーザンダンサーの血を内包しているので基本評価はCです。
父系のMint Copyと母系のPriddy Fairがゴドルフィン・アラビアンの血を引き、
母系のボトムラインがこの馬も在来血統となっています。
ランクアップはしますが評価はB+まででしょうか。

2歳馬未勝利戦の勝ち馬も血統評価していきましょう。

《サインオブゴッド》 評価 超S

サインオブゴッドはまさにタイムリーなアメリカンオークスを勝利した
シーザリオと同じスペシャルウィーク産駒です。
ノーザンダンサーの血を内包していないので基本評価はAです。
父母系のボトムラインが共に在来血統というある意味貴重な配合かも。
また父系にニジンスキーのアメリカンダミーの
血も内包しています。
評価は超Sで良血でありますが私は馬名の方が更に気になります。
「神のサイン」何かをもたらしてくれそうな馬ですね。

続いて阪神です。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(5) | 18:31 | category: 真血統理論格付評価 |
# 新馬血統格付評価vol.2
今週もまた新たな新馬戦の勝ち馬が誕生しましたのでみていきましょう。

福島 新馬

《ゴールドヴェイン》 評価

ゴールドヴェインはフォーティナイナー産駒という事でよくダート戦で見かける種牡馬ですね。
この馬は4代血統表の中にノーザンダンサーの血を内包していませんので
基本はA評価である。
また母系にパーソロンの血を引きボトムラインが在来血統で並べられています。
この2点によりランクアップしてS評価とします。
血統は申し分ないあとは活躍を期待するのみです。

《スターライトルビー》 評価

スターライトルビーは種牡馬オースによりノーザンダンサー系の馬となります。
ノーザンダンサーのクロスは持っていませんから基本評価はCです。
父系のAiming Highがバイアリータークの血を
引いています。また母系のボトムラインが在来血統で構成されていることで
ランクアップのB評価とします。
B評価というのは実は厳しいものでGIなどで2着続きの馬などは大概
このタイプです。頑張ってほしいものです。

阪神の新馬へいきましょうか。
続きを読む >>
| comments(1) | trackbacks(6) | 22:56 | category: 真血統理論格付評価 |
アクセスカウンター
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
レコメンド記事
Search this site
Sponsored Links