理のミスディレクション

感応する物事への探究
不可能を可能にした時人はそれを奇蹟という
想像力が真実を解き明かす!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 競馬ほど緻密なものはない
JUGEMテーマ:競馬

私は海外ドラマが好きである。

特にアメリカのドラマが好きです。理由は緻密な設定と脚本にあります。

細かいところまで計算され考えられています。

そういう所がとても好きなんです。

競馬もある意味ドラマである。

世間ではリアルなドラマとして捉えられているかもしれないが

私には緻密なドラマに見える。

馬が走っていると走らされているでは意味が違ってくる。

そもそも騎手が既に走らせているではないか。

サイン読みというのは着順は決まっているという考えから始まっている。

決まっているのであればこれほど緻密なものはないと思いませんか。

サイン読みもかなり認知されてきましたが、未だに信じられないとも

言われています。

馬がレースで走るタイムというのは事実でしょう。

だが事実と真実はイコールでもない。

ここで数字を挙げておきましょう。


  02 03 04 05 06

この数字は何かと言うと今週末行われる競馬のメインレースに使用されるであろう

馬番である。

これくらいは判るのである。

何故とは愚問である、決まっているのだから。


 
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:25 | category: 競馬雑記 |
アクセスカウンター
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
レコメンド記事
Search this site
Sponsored Links