理のミスディレクション

感応する物事への探究
不可能を可能にした時人はそれを奇蹟という
想像力が真実を解き明かす!
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ブログ再開致します♪ | main | カペラS・阪神JF回顧 >>
# 阪神JFアプローチ
JUGEMテーマ:競馬


まずは先週のおさらいを少ししましょうか。

GIヘッドライン
が炎に変わる熱き砂の頂点、語り継がれる伝説を築け。」

GIヘッドラインからかなりストレートに示唆がありました。

1枠01番(地)マカニビスティー 馬名の意味 

3枠06番 エスポワールシチー 佐藤哲三

5枠09番 ワンダーアキュート 佐藤厩舎

6枠11番 ミラクルレジェンド

8枠16番 トランセンド    藤田伸二 風を意味する騎手 


またゲストとして元F1レーサーの佐藤琢磨選手が来場していました。


トランセンドの対角に「風」の意味を持つ馬の配置、そしてエスポワールシチーの対角には

「伝説」のレジェンド馬名の配置がありました。

更に風の強さを表す単位を「藤田スケール」と言います。

「風」がコピーに使用された場合、藤田騎手は要注意という事です。


とまぁ先週はこんな感じでした。

では今週も少し考えてみましょう。
GIヘッドライン
「春を語る前に遂げる想い、冬を魅了する輝きに桜が薫る。」

「想い」この言葉の持つ意味は、好きな人と一緒になりたいという事。

今回この意味にふさわしい馬がいます。

私はあなたのもの  アイムユアーズ

そして「輝き」からは同居しているラシンティランテの母馬がアドマイヤキラメキですから

この6枠というのは面白そう。

またイチオクノホシというのもとても輝いていそうですね。

今のところはこの辺で。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:06 | category: 2011年競馬アプローチ |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:06 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oboro.jugem.cc/trackback/1326
トラックバック
アクセスカウンター
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
レコメンド記事
Search this site
Sponsored Links