理のミスディレクション

感応する物事への探究
不可能を可能にした時人はそれを奇蹟という
想像力が真実を解き明かす!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 米国防総省、グーグルの米軍基地撮影を禁止 | main | 競馬の血統学―サラブレッドの進化と限界 (NHKライブラリー) >>
# 超良血馬への思い違い
JUGEMテーマ:スポーツ


たまには血統のお話もしてみましょう。
先週のアーリントンCでぶっちぎりの1番人気で歩いたポルトフィーノ。
この馬は新聞紙上で「超良血馬」の文字が踊っていましたが果たして
本当にそうでしょうか。


ポルトフィーノ四代血統表
ポルトフィーノ血統表2
確かに父はクロフネ、母はエアグルーヴという血統から良血と言っている訳でしょうが
またダイナカールからの流れも組むところがファンを引きつけているのでしょう。
しかし私から見ればノーザンダンサーを内包するこの血統はもはや過去の遺物である。
そして必要とされない血統でもあるのです。
それでもそれなりの活躍を見せるから良血と持てはやされるのですが何故活躍
できるのか?
それは武豊騎手が騎乗しているからでありカモフラージュのカラクリだと思うのです。
ノーザンダンサー系は排除される運命であり今やそれはサンデーサイレンスまで
及んでいると私は考えています。
この事を考慮すれば自ずとGI馬は見えてくるはずである。




明日の弥生賞で血統のみで気になる馬と言えばマイネルチャールズ、ブラックシェルの
2頭ぐらいでしょうか。
すなわち重賞を勝ってもおかしくない血統でしょう。
すでにマイネルチャールズは京成杯を勝ってますね。
ブラックシェルという馬はギリギリ四代血統表の中からノーザンダンサーが外れ
在来血統の血を引いている貴重な馬でもありますから今後重賞を勝つ可能性は
あるでしょうね。

マイネルチャールズの四代血統表

ブラックシェルの四代血統表



| comments(0) | trackbacks(4) | 22:21 | category: 2008年血統 |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:21 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oboro.jugem.cc/trackback/626
トラックバック
◎タケミカヅチ 弥生賞(2008年)【血統フェスティバル】予想
【弥生賞】の予想。出走馬・過去5年の1〜3着馬の血統を掲載。
| 【血統フェスティバル】blog | 2008/03/08 11:00 PM |
第45回報知杯弥生賞(Jpn)の1着馬は?
皐月賞トライアル弥生賞が中山競馬場で行なわれます。同舞台の同距離で勝利すれば主役候補に浮上する為、また1〜3着に入れば皐月賞の優先出走権が与えられる為どの馬も仕上げてきているでしょう。 第45回報知杯弥生賞(Jpn)の1着馬は? 2008年 3月9日(日)2回中山4
| しげぽーね@eBet | 2008/03/09 12:21 AM |
弥生賞◎?フサイチアソート&中京記念◎?ワイルドファイアー その他予想と結果反省
あーーーー。今日は鉄板だと思ってたらサンアディユは出遅れ。 トールポピーは届かないし…。でも中山も阪神も前は全く止まらない。 3/9(日)の予想 【中山11R 弥生賞】 訳がわからない3歳牡馬戦線。 ?フサイチアソートの前走の根性見たら◎にしたくなる。トワイニン
| 競馬でGO! | 2008/03/09 12:22 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/14 2:32 PM |
アクセスカウンター
Selected Entry
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
レコメンド記事
Search this site
Sponsored Links