理のミスディレクション

感応する物事への探究
不可能を可能にした時人はそれを奇蹟という
想像力が真実を解き明かす!
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# マイルCS回顧
JUGEMテーマ:競馬

マイルCS(GI)・結果

1着 3枠05番 トーセンラー 武豊
2着 2枠04番 ダイワマッジョーレ 蛯名
3着 7枠13番 ダノンシャーク 福永

 


福島記念(GIII)・結果

1着 5枠09番 ダイワファルコン 川須
2着 1枠02番 マイネルラクリマ 柴田大
3着 2枠04番 ラブイズブーシェ 古川


トーセンラーが見事優勝しましたね。

武豊騎手も節目のGI100勝目という事で流石の活躍です。

トーセンラーはマイル初挑戦でしたが、この枠位置での優勝は本物である。

JRAからお墨付きをもらい優勝したことになる。

けっしてフロッグではないということを覚えておきましょう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:06 | category: 2013競馬回顧 |
# エリザベス女王杯回顧
JUGEMテーマ:競馬

武蔵野S(GIII)・結果

1着 3枠06番 ベルシャザール ルメール
2着 2枠03番 アドマイヤロイヤル 四位
3着 7枠13番(外)ベストウォーリア 戸崎

 


エリザベス女王杯(GI)・結果

1着 2枠03番 メイショウマンボ 武幸
2着 8枠18番 ラキシス 川田
3着 4枠07番 アロマティコ 三浦


メイショウマンボが見事勝ちましたね。

そういえば忘れていたのですが、この馬オークスの時に黒の2枠勝ちしていました。

通常だとその後のGI成績は振るわないはずなんですが秋華賞を勝ちそしてエリザベス女王杯まで

また黒の2枠勝ちというイレギュラータイプですね。

今後のGIにも注目です。

いわゆるシーザリオ級ということかな!?
| comments(0) | trackbacks(0) | 03:11 | category: 2013競馬回顧 |
# エリザベス女王杯・みやこS回顧
JUGEMテーマ:競馬


アルゼンチン共和国杯(GII)・結果

1着 6枠12番 アスカクリチャン 戸崎
2着 8枠16番 アドマイヤラクティ メンディザバル
3着 2枠03番 ルルーシュ 北村宏

 


みやこS(GIII)・結果

1着 2枠03番 ブライトライン 福永
2着 6枠11番 インカンテーション 大野
3着 3枠06番 ローマンレジェンド 岩田


アルゼンチン共和国杯が取り上げた6、2枠が絡んでくれて良かったのでは

ないでしょうか。

まだまだコピーなども使えるようですね。

正直なかなかネタを見つけるのもきついのですが、気付いた事は書きましょう。

主戦が今では出馬表解読なのでネタを正しく解釈できるのかと自信がありません。

出馬表解読は研究途中でありなかなか書けませんが、書ける事があれば少しは

書いていこうかなと思います。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 03:52 | category: 2013競馬回顧 |
# 天皇賞・秋回顧
JUGEMテーマ:競馬

天皇賞・秋(GI)・結果

1着 4枠07番 ジャスタウェイ 福永
2着 5枠09番 ジェンティルドンナ 岩田
3着 3枠06番 エイシンフラッシュ M.デムーロ


スワンS(GII)・結果

1着 7枠10番 コパノリチャード 浜中
2着 6枠09番 ダイワマッジョーレ蛯名
3着 5枠07番 サダムパテック 和田


天皇賞は2週連続GI制覇の福永騎手騎乗のジャスタウェイが優勝しましたね。

やはりジェンティルはまだ勝てなかった。

この現象と同じ可能性があるのが菊花賞を勝ったエピファネイアです。

次走のGIレースを勝てないようであればしばらく勝てないでしょう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:10 | category: 2013競馬回顧 |
# 菊花賞感想
JUGEMテーマ:競馬

菊花賞の考察はちょっと忙しくてupできなかったのですが(すみません)

エピファネイアを外す理由はなかったでしょう。


富士S(GIII)・結果

1着 5枠09番 ダノンシャーク 内田
2着 7枠12番 リアルインパクト 戸崎
3着 3枠04番 シャイニープリンス 北村宏



菊花賞(GI)・結果

1着 2枠03番 エピファネイア 福永
2着 7枠14番 サトノノブレス 岩田
3着 5枠10番(外)バンデ 松田



結果は見事優勝でありましたが、ゾロ目優勝と同じようにある意味地雷を踏みましたね。

黒の2枠優勝はその後がいただけません。

今後しばらくGIレースは勝てないのではないでしょうか。

やっと取れた最後の一冠そして福永騎手のお祝いムードと裏腹に厳しい運命を背負ったのかも

しれません。

今後に注目ですね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:42 | category: 2013競馬回顧 |
アクセスカウンター
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
レコメンド記事
Search this site
Sponsored Links